外と内のダブル治療 | 顔の印象を暗くするしみを治療しましょう!最新のしみ治療について
girls mouth periodontal

外と内のダブル治療

beautiful young girl

できてしまったしみを治療するには皮膚科に行きましょう。特に美容皮膚科であればしみを消す技術に長けています。しみを消す方法は大きく分けて2つあります。まず一つはレーザーなどで物理的に消してしまう方法です。もう一つが内服薬や軟膏を塗布することによって消す方法です。
レーザーは痛みを伴う可能性もあるので、できれば薬で消したい人の方が多いです。このページでは薬でしみを治療する方法から紹介していきます。

薬を使った治療については、必ず皮膚科を通して行いましょう。効果の強い薬は副作用を伴うことが多く、場合によってはさらなる悪化を引き起こします。医師の支持に従った利用を心がけましょう。
しみ治療に使われる薬で最もポピュラーなものがハイドロキノン軟膏と呼ばれるものです。これには皮膚を漂白する効果があるので、しみを白くしてくれます。また別の薬でトレチノイン軟膏というものも使われます。これはコラーゲンの生成を促し、メラニンを排出しようとする働きがあります。しみの原因を追い出し、更に肌を若返らせるので、潤いのある肌になります。
これらの薬はしみの状況によって使い分けるもので、塗る回数も細かく医師に指定されます。必ず用法用量を守って下さい。
しみの治療は内服薬も使われます。特に効果があるのがビタミンCです。ビタミンCは体内では生成されませんが、摂取することでメラニンの沈着を防いでくれます。さらにあわせてビタミンEを飲めば、ビタミンCの効能は更に強化されますので、一緒に処方されることが多いです。
薬で治ればベストなので、まずは医師に相談してみましょう。